日常生活におけるインフルエンザ予防の心得

インフルエンザは予防することが可能な病気です。予防に際して重要なのが、ひとつはインフルエンザウイルスに感染しないと言うことで、もうひとつはウイルスが症状を引き起こすのを抑制すると言う点です。日常生活における、このための心得としては、まず外出先から帰宅した際には、うがい、手洗いを習慣づけることが挙げられます。うがい、手洗いには鼻や喉、手指に付着したウイルスを除去すると共に、他への拡がりを防ぐ効果も期待できます。インフルエンザが流行している時に、口やかましいほどにうがい、手洗いの励行が呼びかけられるのはそのためですが、これは意識していてもつい忘れてしまうことも多いです。だからこそ、流行している、していないに関わらず、帰宅したらうがい、手洗いと言う流れを習慣づけておくことが効果的です。また他人にウイルスをうつさないと言う観点から言えば、咳エチケットも踏まえておくこと重要なことです。咳やくしゃみは床に向かってする、あるいは服やハンカチなどで口元を抑えてすると言うのが正しいエチケットです。特に家族内においては、これを共有しておくことが感染拡大の予防につながります。それからもうひとつは、規則正しい生活習慣を心がけ、特に睡眠時間は毎日、しっかりととることです。これはウイルスに対抗するための免疫力、体力の維持、向上につながる点です。免疫力や体力がある程度しっかりとしていれば、たとえウイルスに感染したとしても症状が出てこなかったり、症状が出たとしてもそれほど重症化しないことが多くなります。仕事や家事、勉強などに頑張り無理をしている人は、つい自分の体力に自信を持ちがちです。ですが寝不足や不規則な生活習慣のつけは、体の状態を崩した時に非常に物を言います。ですからその時になってから後悔しないよう、日頃から免疫力、体力維持に努めるのも日常生活における予防のための心得です。

ページの先頭へ戻る